堅実な調査力に自身があります。 Akai探偵事務所兵庫方面担当営業所と費用案内
トップページ > 浮気調査 > 浮気の会話を録音した音声データは浮気の証拠

パートナーと浮気相手の会話を録音した音声データは浮気の証拠になるのか

浮気の証拠といえば、写真や動画が定番ですが、音声データは浮気の証拠となるのでしょうか?

結論から申し上げると、音声データは浮気の証拠になります。

ただし、その音声データがどんな方法を使って録音されたか、録音した音声データを補完する証拠の有無によって、浮気の証拠として認められる時と、認められない時があります。

盗聴によって不貞行為の現場を録音した音声データ

「不貞行為の最中の声が入った音声データがあります」

これだけを聞けば、浮気の動かぬ証拠のように聞こえます。
しかし、この音声データを録音するため、パートナーのカバンにICレコーダーを忍ばせた場合、盗聴やプライバシーの侵害として言い逃れされる可能性があります。

夫婦がICレコーダーを相手のカバンや車、自宅の寝室に仕掛けるこの行為は違法ではありません。
しかし、夫婦以外の人間、例えば探偵事務所の調査員が自宅などへ侵入したり、他人の持ち物を勝手に触れるなどしてICレコーダーなどを仕掛けた場合は違法行為となります。

プライバシーの侵害という点でも、夫婦なのだからプライバシーなんて存在しない。 と思いかもしれませんが、法律上では夫婦であってもプライバシーは尊重されるものと考えられています。

そのため、音声データを浮気の証拠にしたとき、「どんな方法で録音をしたのか」、「勝手に個人のプライバシーを盗み聞いた」と言われると、反論が難しくなるケースもあります。
参考:盗聴した音声は、浮気の証拠になりますか?

音声データを補完する浮気の証拠が必要です

先程と同じように、「不貞行為の最中の声が入った音声データがあります」というケースで考えてみましょう。

その不貞行為の音声データは本当にパートナーと浮気相手の声でしょうか?

言葉は悪いですが、音声データは所詮は音です。音声データを聞いた人が、 パートナーと浮気相手の声が一致するものだと判断するのは難しいです。

そのため、音声データを裁判で浮気の証拠として使った場合、裁判官でも浮気の証拠として認める人と認めない人で別れます。

音声データが浮気の証拠であると認めてもらうためには、それを補完するための証拠が必要です。

この補完するための証拠として一番適当な物が、音声鑑定です。

刑事ドラマなどで犯人の声を特定するため音声鑑定を行う、といったシーンを見たことがあると思います。 これと同じように音声データに録音されている声と、パートナーと浮気相手の声が同一のものなのか鑑定してもらうことで、 音声データを浮気の証拠として補完することが可能です。


ここまでで、音声データが浮気の証拠として使えるが、リスクがあることが分かっていただけたと思います。

音声データだけを使ってパートナーと浮気相手を追及するのは難しく、逆に言い逃れの材料にされてしまう可能性もあります。

音声データを浮気の証拠として使いたいなら、違法な方法を使って録音をしていない、 音声データを補完するための証拠が揃った状態で、浮気の証拠として使いましょう。

ページの先頭へ戻る
  • 興信所の選び方
料金のご案内
  • 調査料金表
    探偵の料金表です。料金の詳細をご確認下さい。
調査のご案内
お問い合わせ
お知らせ
探偵 東京は、Akai興信所
東京及び、関東の興信所をお探しの際はこちらへ
探偵 大阪は、Akai
大阪及び、関西の探偵をお探しの際はこちらへ
関西の探偵調査

調査対応地区について

探偵Akaiでは、神戸市を含む兵庫県全域。北部については、若干の出張費がかかる場合があります。
大阪府内全域です。出張費はかかりません。
その他-兵庫県や神戸市以外にも、近畿関西全域にて、調査を行います。

探偵Akaiの出張費に関しては、TOPページを御覧下さい。